子どもたちの自立と成長を願って2008年に設立した「TENNIS POTA」は、札幌市にほど近い
北広島市で14年もの間『ポタ』の愛称で親しまれてきました。設立者長谷川洋一郎からの情熱の
バトンは長谷川大輔に引き継がれました。スポーツとしてのテニス本来の姿を知ってもらいたい
という理念から、スクールからテニスクラブへマイナーチェンジして『ポタ』は前進し続けます。
 少し分かりづらいかもしれません。テニススクールではなくテニスクラブです。参加する子ど
もたちも一緒にポタに関わり、仲間を育み、その絆を次世代へとつなげてほしいと願っていま
す。レッスンじゃなく練習と呼びます。お子さまも保護者さまも “お客さま” ではなく “プレー
ヤー” としての自覚を持ってスポーツマンシップを理解してもらいます。
 テニスが好きなだけじゃなくテニスからも好かれる人間でありたいな、とういう気持ちをみん
なで共有できますように。